仮面ライダーディケイド

通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!!

ライダー情報

基本フォーム フォーム名、キャラクター名 バトルスタイル 超必殺技
ノーマル ディケイドクウガ マイティフォーム フォームチェンジ ディメンションキック
ディケイドアギト グランドフォーム
ディケイド龍騎
ディケイドファイズ
ディケイドブレイド
ディケイド響鬼
ディケイドカブト ライダーフォーム
ディケイド電王 ソードフォーム
ディケイドキバ キバフォーム
コンプリートフォーム パワーアップ 強化ディメンションキック

平成仮面ライダー10周年プロジェクトの初陣を飾る、記念すべき平成ライダー10作目の主役ライダー。
9つの世界を行き来し、ライダーカードによって様々にその姿、能力を変えることができる無限の可能性を秘めるライダー。
今作では従来のフォームチェンジスタイルに加え、パワーアップが追加された。
なお、ディケイドは一部の弱、強攻撃コンボの終了時、または必殺技のライドブッカー・ソードモードを使用したコンボの終了時に独特の隙が発生する。
この隙は移動やガードによってキャンセルできないが、ライダーキャンセルを利用した攻撃(こちらは弱、強攻撃コンボのみ可能)やカメンライド形態、またはコンプリートフォームに変身することでキャンセルできる(後者は当然、ゲージがMAXの状態でなければならない)。

フォームチェンジスタイルは、カメンライドカードによってほかのライダーに変身することができる。
さらにゲージを1つ消費することでファイナルフォームライド(FFR)技を使用可能(8種類のうちの1つ)。なお、今作では電王のFFRが廃止。
カメンライドは並列フォーム扱いであるためゲージの消費なしに変身、または変身解除を行えるが、フォームライドによってさらに形態を変えることはできない。同様にフォームチェンジ扱いであるカブトのクロックアップ(必殺技除く)も使用不可。
超必殺技はディケイドによるファイナルアタックライド(FAR)・ディメンションキック。10枚のカード状エネルギーの力を右足に集めて跳び蹴りを叩き込む。
なお、「MOVIE大戦2010」にはWのFFRも登場したが本作では追加されておらず、さらにディケイドWおよびディケイドオーズに変身することはできない。

パワーアップスタイルは、強化形態であるコンプリートフォームに変身できるようになる。
コンプリートフォームになると独特の隙がなくなるためノーマルよりも戦いやすく、
ライドブッカー・ソードモードは3HITコンボに、ガンモードはディケイドブラストからFARであるディメンションブラストに強化される。
超必殺技はコンプリートフォームによるFAR・強化ディメンションキック。ディケイドの紋章で敵を拘束し、9つの平成ライダーの紋章の力を右足に集めて跳び蹴りを叩き込む。

ノーマル

同じノーマルフォームだが選んだスタイルによって立ち回り方には大きな差が出る。
基本的に技の出の速さも並で威力も標準的、コンボ数も多くない割に妙な隙だけはあるので何も考えずに使っていると正直強くない。
最大の違いはフォームチェンジによるキャンセルの有無。
FCスタイルなら各攻撃の隙をFCでほぼ無制限にキャンセル可能となるため地上戦を中心に積極的に技を振っていける。
ライダーゲージも遠慮無くRCでのコンボやFFRにつぎ込んでやって良い。
反面、パワーアップスタイルの場合は独特の隙を埋める手段がないため、余り無茶な攻め方が出来ない。
ゲージタメなどを活用して早くコンプリートフォームになってしまう方が良いだろう。
ちなみに、弱攻撃コンボ後の手をパンパンする動作が完全に終わるとゲージがほんの少し溜まる。

通常攻撃

攻撃種別 コマンド モーション 解説 備考
通常弱攻撃 弱弱弱弱 左ジャブ→右ジャブ→左蹴り→右パンチ(ふっとばし) ごく普通の連続技。  
横弱攻撃 ←or→弱弱弱 右下段キック→パンチ4連打→右裏拳(ふっとばし)    
下弱攻撃 ↓弱弱弱 左ハイキック→右フック→左回し蹴り(ふっとばし)    
ジャンプ弱攻撃 ジャンプ弱 なんてことはないパンチ。だが着地のタイミングが良ければノーキャンセルで他の攻撃につながる    
通常強攻撃 強強強 左振り下ろし→右アッパー→左回し蹴り(ふっとばし) そこそこ前進する以外普通の強攻撃。初段はかなり低いところまで届くのでライドブッカー・ソードと同様ダウン直後の相手に追い打ちが可能  
横入強攻撃 ←or→強強強 左蹴り→右キック→左ジャンプキック(ふっとばし) ディケイドの攻撃には珍しく終了時に独特の隙が無い。コンボに繋げたり繋いだり使い道は多い。  
下強攻撃 ↓強強強 アッパー(打ち上げ)→左振り下ろし→ライドブッカー・ガンで追い打ち(ダウン) 最初に打ち上げる貴重な攻撃、最後がダウンなのもノーマルでは少ない  
ジャンプ強攻撃 ジャンプ強 弱とほぼ同じ。威力は弱より少し高い    
投げ 後ろ強      
スライディング ダッシュ中強      
パワー溜め ↓押しっぱなし   他のライダーと比較しても非常にチャージ速度が早い、フォームチェンジで戦う場合でもチャージはノーマルディケイドになってから行う方が効率的。  
フォームチェンジ(FC) バトルスタイル入力 ディケイドライバーを閉じて変身動作を行う 通称(正式名称?)カメンライド。他ライダーの並列チェンジとは違い「無敵時間がある」「攻撃などの行動をキャンセルできる」「変身動作をキャンセルして行動できる」等の特性がある。これによる隙のキャンセルや連続攻撃などがFCスタイルの最大の武器でもあるので是非使いこなせるようにしたい。  
フォームチェンジ(PU) バトルスタイル入力 ディケイドライバーを閉じて変身動作を行う コンプリートフォームに変身、特性はフォームチェンジスタイルと同じだがこちらは当然ゲージ満タンの時しか行えない。  

必殺技

攻撃種別 技名 コマンド モーション 解説 備考
通常必殺技 ライドブッカー・ソード 必必 回し斬りしながら突進→払い斬り(ふっとばし) 二発目の後に独特の隙有り、一段目で止めると相手に背中を向ける。威力に対して出はそこそこ早いのでコンボの〆には向いている、反面コンボ補正がでかいようでこの攻撃をキャンセルして繋いでもダメージは今いち伸びない。あと異様に滑るのであたらなさそうなところから振っても届くことがある。  
横必殺技 ←or→必 ライドブッカー・ガン ライドブッカーを構えて射撃4HIT(ふっとばし) よけいなモーションがほとんど無く単純に撃つだけ、その分出も早くスキも小さい。上への判定も広くジャンプでは避けられない。スーパーアーマーの相手も一発で吹っ飛ばせる。  
ジャンプ必殺技 ジャンプ必 急降下残撃 急角度で斜め下に斬りかかる 画面端なら横強やライドブッカー・ソードにつながる  

ファイナルフォームライド

ディケイド専用の必殺技、ゲージを1本消費する。
選んだ技によって大きく性質が違う。
なお、召喚系(ゴウラム、トルネイダー、ドラグレッダー)はゲージ2本以上ないと発動せず、1本の時は無駄にゲージを消費してライドブッカー・ガンに化ける不具合がある。
技名 モーション 解説 備考
クウガゴウラム ゴウラムにのって相手に突進する、技終了時に元居た位置に降りる 前作までに比べ非常に当てやすくなった。同タイプのアギトトルネイダーより威力は高め 飛び乗った後は無敵?な為ルナトリガーの弾丸なども避けれる
アギトトルネイダー トルネイダーにのって相手に突進する、技終了時に元居た位置に降りる 前作同様当てやすいFFR、クウガゴウラムより判定が広くしっぽのほう?まで判定があるので置き責めなどをする場合こちらを 飛び乗った後は無敵?な為ルナトリガーの弾丸なども避けれる
リュウキドラグレッダー ドラグレッダーを召喚して一定時間後にブレス攻撃をさせる、技発動後暫く硬直有り   発動後の硬直はフォームチェンジでキャンセル可能
ファイズブラスター ブラスターを構え、ポインターを発射→多段ヒットする極太ビームを放つ   クリーンヒット時の威力は最大
ブレイドブレード ブレードを振り下ろし、切り払う    
ヒビキオンゲキコ オンゲキコを構えて待機する、待機中に攻撃を受けると反撃する いわゆるカウンター技 発動時間が短いが、弱強必殺、全ての技をカウンターできる
ゼクターカブト 目の前にゼクターを召喚、召喚中に必殺技を受けると反撃する いわゆるカウンター技 発動時間が長いが、必殺技しかカウンターできない
キバアロー キバアローを構えて発射する 単発ヒットだが威力は高い、出も早い方なのでライダーキャンセル等からつなげる事も出来る  

コンボ

各種フォームチェンジ先で完結しているコンボについてはそれぞれのライダーのページを参照。
  • RC
    • ライダーキャンセル
  • FC
    • フォームチェンジ

(横強*3→RC)*n

横強3回目が出たタイミングでタイミング良くRCすると同じ攻撃がつながる。
丁度エフェクト的にはカメラが切り替わって3回目の蹴りを入れた時にRCエフェクトが出てれば成功。
但し、タイミングがかなりシビアな上に威力もゲージを使う割にはいまいちなのでほぼネタか?

横強*3→ライドブッカー・ソード

画面端限定、横強で吹き飛ばした後に最速必でつながる。
威力はダブルに3~4割と言ったところだが何かとゲージ消費の多いディケイドには貴重なゲージ消費無しのコンボ。
パワーアップスタイルなどゲージを温存しつつ戦うときに。

ジャンプ強orジャンプ必→横強*3→ライドブッカー・ソード

上のコンボの起点をジャンプ攻撃に変えたもの。
急降下残撃からならダブル相手に6割前後減らせるとゲージ消費無しの技にしては結構削れる。
ジャンプ強からだとダメージは減るが横強までは確実につながるのと横強を2段止めしてRC超必殺へ繋ぐことも可能。
(急降下残撃だとふっとばすのでRC超必へはつながらない)

ジャンプ必→通常必

通常は急降下残撃はふっとばすため画面端でないと他の技につながらないが、ライドブッカー・ソードなら伸びて当たる。
取りあえずお手軽なダメージソースになるコンボ。
反撃が怖い場合はソードは1段で止めれば隙はかなり小さくなる。

ジャンプ必*n

画面端限定。急降下残撃がヒットしたら、即ジャンプし直して急降下斬撃を再び繰り出すコンボ。
カメラ視点が切り替わる前に急降下斬撃のエフェクトには入れば成功でもう一回同じ事が出来る。
上手くつなげばゲージ消費無しで体力1本以上奪える。
ただし、タイミングはかなりシビア。
少し遅いと当たっても次に繋がらないし、それより遅いとそもそも繋がらない。

強*2~3→RC→横強*3→ライドブッカー・ソード

強2~3発目をRCして上記横強コンボにつなげるパターン。
一応3発目まで入れてからRCでつながるがタイミングがシビアになるため2発目で狙う方が入れやすい。

ライドブッカー・ソード(1段)→FC→(キバ)弱攻撃*4→FC→ライドブッカー・ソード

RCではキャンセルできない必殺技を起点にするフォームチェンジを活用したコンボ。
ライドブッカー・ソードを1段目がヒットした瞬間にFCキャンセルすればキバの弱攻撃のようなモーションの速い技につなげることが出来る。
そしてキバの弱攻撃の4段目で浮いたらいつものライドブッカー・ソードで追撃につなぐ。
このコンボの特長として上手くつながると2回目のソードの時に最初のソードからコンボ数が継続カウントされる。
(1段目で2HIT表示が出て2段目で3HITと表示される。)
当然、キバの弱攻撃からRCキャンセル等につなげる事も可能
正直威力は微妙。

(ライドブッカー・ソード(1段)→FC→(響鬼)弱攻撃*2→FC→ライドブッカー・ソード(1段)→FC→(響鬼)弱攻撃*2)*n

RCではキャンセルできない必殺技を起点にするフォームチェンジを活用したコンボその2。
ライドブッカー・ソードを1段目がヒットした瞬間にFCキャンセルすれば響鬼の弱攻撃につながる。
更に響鬼の弱攻撃の2段目は相手をよろけさせるため素早くFCすればディケイドのライドブッカー・ソードにつながる。
以後繰り返しで延々とつなげることが可能。
ただしやっぱりタイミングはものすごくシビア、操作も多いため何ループも継続するにはかなりの集中力と正確な操作が要求される。

弱弱→FC→超必殺技

ゲージを使わずにチェンジできるフォームチェンジスタイルのディケイドで確認。
変身するフォームは何でも良い。
HIT数表示はつながらないが弱2発目が当たった瞬間にキャンセルでFCし、FCをキャンセルして超必殺技で確定ではいる。

(クウガ)弱*2→RC強*3→FC→下強*3→RC必*2

クウガマイティのコンボのディケイドアレンジ。ディケイドとクウガは両方ともゲージ効率が良くスーパーアーマーの相手も出来るので相性が良い。

(ブレイド)横強*4→FC→ライドブッカー・ソード

フォームチェンジがブレイド限定、ブレイドの横強攻撃からスタート
4回目の突きがHITした瞬間にFCしてダウンした直後の敵にライドブッカー・ソードの先端が足先に当たる。
威力はネガ電王相手にゲージ一本半分より少し少ないくらい。
ライトニングスラッシュ中なら更に威力が上がりゲージ1本の半分を超える

(ブレイド)下強*3~4→FC→ライドブッカー・ソード

上記の下強始動版、威力もほぼ同じ。

(ファイズ)ファイズショット→FC→ライドブッカー・ソード

フォームチェンジがファイズ限定、ファイズの通常必殺技からスタート
最初のファイズショットで相手が壁に当たる程度の距離でのみ可能。
威力はガイ相手にゲージ1本中1/3程度。

(電王)強*2→RC横強*3→FC→必*2

横強の踏み込みが短い為強からRCしているので、最初をジャンプ強にしてノーキャンセルにしても良い。

コンプリートフォーム

パワーアップフォームになると一気に立ち回りが強くなる。
通常攻撃から独特の隙がなくなり、さらに格闘、斬撃、射撃と攻撃にバリエーションが出る。
特に射撃はいわゆる銃ライダー以外では珍しいジャンプ射撃まで備える。
必殺技の威力も大幅にあがるのでノーマル時に攻めにくかった分積極的にせめて行きたい。

通常攻撃

攻撃種別 コマンド モーション 解説 備考
通常弱攻撃 弱*4 右ブロー→左フック→右ハイキック→左蹴り上げ&蹴りおろし(ダウン) 全5HIT、キャンセル無しで横弱につながる  
横弱攻撃 ←or→弱*4 足払い→膝蹴り(うかせ)→左ブロー→右ストレート(ふっとばし)    
下弱攻撃 ↓弱*5 ボディーブロー→→→→(ふっとばし)    
ジャンプ弱攻撃 ジャンプ弱 アタックライド・ブラストを放つ(フルヒットでダウン) 全5HIT、銃ライダー以外では珍しい通常攻撃による空中射撃  
通常強攻撃 強*5 ソードで切り下ろし→→→→(ふっとばし)    
横入強攻撃 ←or→強*5 切り払い→→→→(ダウン) ダウンさせるものの最後の攻撃の後に独特の隙がある  
下強攻撃 ↓強*3 ブラスト→回転してブラスト→しゃがみブラスト(ふっとばし) 全15HIT、全段射撃という銃ライダー以外では珍しい攻撃  
ジャンプ強攻撃 ジャンプ強 弱と同じ    
投げ 後ろ強      
スライディング ダッシュ中強      
パワー溜め ↓押しっぱなし      

必殺技

攻撃種別 技名 コマンド モーション 解説 備考
通常必殺技 ライドブッカー・ソード 必*3 →→(ふっとばし) 通常時のモーションの間に縦斬りが入った  
横必殺技 ライドブッカー・ガン ←or→必 多段ヒットする極太レーザー発射(ダウン) 通常時よりかなり威力アップ、但し発射が遅くなった上多段ヒットする都合硬直も長いので通常時程の汎用性はなくなった ダウンだがかなり相手が押されるので実質ふっとばし
ジャンプ必殺技 ディメンジョンキック ジャンプ必 カードのゲートが生成されライダーキック(ふっとばし) 破壊力はライアのゲージの1/3弱を奪うレベル、ただしゲート生成の時間ぶんタイムラグがある。  

コンボ

各種フォームチェンジ先で完結しているコンボについてはそれぞれのライダーのページを参照。
  • RC
    • ライダーキャンセル
  • FC
    • フォームチェンジ

ジャンプ強→(通常強→RC)*n

ジャンプ着地前に強で射撃をうちそこからつなげるコンボ。
ジャンプ射撃はタイミング良く当てると着地後の攻撃につながるが早すぎるとつながらず遅すぎると出る前に着地するので、出すタイミングを覚える必要はある。
RCするのは横強でも良いが崩れ落ちダウン時に攻撃を当てると変に浮くため綺麗につながらない事が増える。

ジャンプ強→必*3

ジャンプ強でダウンする相手を必で拾う。ジャンプ強がガードされた場合必を2発で止めれば隙も小さい。

強*4→RC強*4→RC強*5

普通に強を2回RCするだけだがゲージ一本以上の高ダメージ。攻撃によりRCほぼ1回分のゲージも溜まるので実質RC1回分の消費で済む。ただしコンボの時間が長くサポートで邪魔されやすい。

下強*3→RC横必

対スーパーアーマー用のコンボ。先にジャンプ強で牽制しておくとより使いやすい。

横強*5→RC超必殺

相手をその場で崩れ落ちるようにダウンさせる為フルヒットから繋がる。

弱*4→横弱*3→RC超必殺

上記超必キャンセルより威力は下がるがコンプリートフォームの初段で一番踏み込みの長い弱から繋がる。

その他


カメンライドでのモーションキャンセル(PSP版で確認)

ディケイドのフォームチェンジを行うと通常攻撃、必殺技、FFRのほぼ全ての行動をキャンセルして強制的にフォームチェンジできる。
更にそのフォームチェンジの隙を殆ど全ての攻撃でキャンセルできる。
通常は終了時に大きな隙のあるライドブッカー・ソードモード等をほぼ隙を無くして使用することが可能。
これはフォームチェンジ中にも言え、仮面ライダーカブトのクロックアップ(ワープ)等の終了時硬直などもフォームチェンジでキャンセルできる。
但し、このキャンセルには次のような現象も同時に起きる
  • フォームチェンジを挟んで継続するコンボのHIT数が継続されない
    • これはFFRリュウキドラグレッダーを呼び出してる間にフォームチェンジして戦うと判りやすい、ノーマル以外の状態で攻撃中にドラグレッダーの攻撃がヒットしてもヒット数にカウントされない(ダメージは加算されている)
  • 時々少しワープする
    • 先に書いている仮面ライダーカブトのクロックアップ(ワープ)等をキャンセルすると、時折フォームチェンジ前のライダーが居た位置から少し離れた所にノーマルディケイドがあらわれる。
  • 一部キャンセルできない技もある
    • いくつかの必殺技などはカメンライドでもキャンセルできない。以下に判明しているものを上げる。

カメンライドの無敵時間

ディケイドのフォームチェンジには無敵時間が存在しており、前述のモーションキャンセルを応用すると相手の攻撃をフォームチェンジで回避しながらこちらの攻撃でカウンターする事も可能となる。
特に普通に使っても当てにくい超必殺技も敵の攻撃を誘った上でこのテクニックを使えばカウンター的に当てる事ができ有効…と言うより格好いい。
ちなみにこの超必殺を当てる方法は似たような事がハイパーアーマーでも出来る。(と言うより、筆者はそちらをヒントに見つけた)

セリフ

登場時
対戦相手 セリフ
全員 通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!
俺とやろうってか?
さて、始めるか
さて、片付けるか
撮ってみるか・・・全ての世界を
勝利時
対戦相手 セリフ
全員 相手にならないぜ
ここも俺の世界じゃない・・・か
悪いな、俺の勝ちだ
俺は・・・世界を救ってみせる

  • 最終更新:2011-10-15 20:07:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード